ダイレクトメール的な迷惑なfax

faxの送受信のトラブルを初めて経験したのは、引っ越しをして電話番号が変わった時でした。faxにはよく○○運輸宛ての請求書やプランなどが書かれたものが届きました。電話も間違い電話が多かったです。中には何度違うんですよと言っても掛けて来るおばあさんがいて困りました。

電話のおばあさんの方は、以前うちの番号を使っていたお店にかけていたようですが、○○運輸のfax番号の方はうちの番号と1つか2つ、数字が違ったようです。 商売関係なのに、そんなに頻繁では無かったからです。

時には、あちらの番号が書いてある場合は「間違っていますよ」と連絡をしたこともありました。 やはり仕事関係のfaxですから、相手に届いていなくては困ると思ったからです。

ただ、間違って「○○運輸宛て」に送ってくる会社は1社ではないので、そのうち対応しきれなくなってしまい、もう放っておきました。○○運輸からfaxへの返事が無ければもう一度送るでしょうし、何度も同じ会社から来ることは無かったからです。それにしても4,5年の間は○○運輸宛てのfaxが数カ月に一度届いていました。

次は、ダイレクトメールのようなfaxでした。 いつも同じ内容のものがほぼ1日おき位に入るので、こちらから電話をして、もう送らないようにとお願いしました。 それなのに、それからもfaxが入るのです。また電話をすると、なんと「それ、本当にうちの会社からのfaxですか?」などと言う始末。

実家に送られてきた間違いfaxは、連絡をするとすぐfaxは止まり、迷惑をかけたと(少し昔のことなので)テレカをお詫びに送って来たそうです。実家の住所が何故わかったのかはわかりませんが。

それなのに、こちらにfaxを送って来た会社のこの態度。 他にも、まだ携帯電話がそれ程普及していなかった頃は、ダイレクトメール的なfaxが入ることが時々ありました。 先程の失礼な会社以外からもやはりfaxは入りました。しかし、こちらから止めてくれるように電話をすれば、すぐ止めてくれました。あちらとしても、要らない家に送り続けても電話代の無駄ですからね。

実はうちのfaxは内容を見てから印刷するものなので、印刷用の紙を無駄にすることはなかったので、ヘンなfaxが来ても放っておいても良いのですが、あの失礼な会社は本当に頻繁でうるさく、苦情を言うとあの始末なので本当に頭に来ました。

そんなトラブルを未然に防ぐには?

⇒ WEBファックスで解決できるかも