巨大災害、そのとき聴覚障害者は

まだまだ記憶に新しい東日本大震災。 多くの人が犠牲になり、多くの方々が被災をし、いまなお被災地には大きな爪あとが残っています。 東北地方を中心に襲った日本最大の地震で犠牲になった人たちの中には多くの聴覚障害者の方も含まれています。 震災後の様々な統計では聴覚障害者の犠牲は健常者の割合の2倍にもなったということです。

どんなにサイレンが鳴っても放送がかかっても聴覚障害者の方々には伝わらない場合が多く、周囲に余裕もないため聴覚障害者に必要な情報を教えてくれる人もなかなかいないというのが現実だったのかもしれません。 そんな緊急の場合が一番不安を感じますよね。

健常者でもそんな場面になると大きな不安と恐怖におそわれるものですから、聴覚障害者の方々はもっともっとそれを感じることでしょう。 そんなとき、さまざまな通信手段を持っているべきです。 震災のときに一番使えたのはインターネットだったという統計があります。 電話回線は全然繋がらない状況が続き電話緊急サービスの一切が使えなく名手いた時間が長かったといいます。

しかし、インターネットはパンクすることなく携帯電話からもパソコンからもタブレットからも繋がったということです。 そこで連絡手段として役に立つのがインターネットFAXです。

聴覚障害者の方々にとてメールやFAXはとても大切な伝える手段だと思いますが、FAXは電話回線を使っているので緊急の場合は電話回線がダメになったり避難所などにはFAXがなかったりするかもしれません。 その場合はインターネットFAXだと繋がることができるかもしれません。 携帯電話やパソコンがあればFAXが利用できます。

WEBファックスを比較するなら

⇒ topページへ