次世代FAX

聴覚障害を持った方々にとってFAXは生活の必需品とも言えるでしょう。 現代では携帯電話の進化によって聴覚障害を持った方々もできることが増えたと思います。 しかし、まだまだ電話に代わる伝える手段としてメールやメッセージ機能だけでは足りないといえます。 聴覚障害を持っている方は国からの助成制度の一環でFAX機が認められていますが、FAXにかかる毎月の料金などはもちろん自分で支払わなければいけませんよね。 月々にかかる料金や通信費用など意外とFAXは高くつくものです。

しかし、聴覚障害者にとってFAXは緊急な場合に必要なとても大切な通信手段です。 110番や119番などFAXで行うため、なくてはならないものだと思います。 しかし、外にいるとき電話回線のFAXはありませんよね。 それはとても不便ではありませんか。

もちろん今メールなどで対応してくれる機関もありますがFAXを外でも使えたら…と思ったことはないでしょうか。 インターネットFAXはメールの送受信ができればインターネット回線を使ってFAXができます。 インターネットFAXはFAXなのにFAX機が必要ありません。

携帯電話やタブレットなどを持っていれば外でも気軽にFAXを利用することができます。 外からでもFAXしか使えない機関などを利用できるわけです。

月にかかる料金も電話回線のFAXよりも安く移項する人も、両方のFAXを利用する人も増えています。 インターネットFAXはお試しもできる会社もありますのでまずはお試しを利用してみるとその便利さがわかることでしょう。 世界で1100万人以上の人が愛用しているインターネットFAX。 いつでもどこでもFAXというのがインターネットFAXです。

WEBファックスを比較するなら

⇒ topページへ